貯蓄

学資保険の見直し

学資保険は子供の将来の教育資金作りのために加入する方が多いと思います。
計画的な方は子供が0歳の頃には既に加入している、といったこともあると思います。

子供が小さな頃にはそれほど負担でなかった学資保険の支払も、成長するにつれて習い事などにもお金が必要になってくると大変だと感じるようになってくる家庭も少なくないようです。
そして支払が厳しくなってくると保険の見直しを考えるようになってくるかと思うのですが、ここで大切なことは学資保険だけを見ていても問題の解決にならないということです。

学資保険だけに注目して見直しをしようとしてしまうと、解約するか保険料の安いプランにするかといった、ほぼ二択になってしまうと思います。
ですが、この二択で選択をしようとすると、必ず将来受け取れる教育資金が減ってしまいます。

学資保険は必要になる教育資金を積み立てるのが目的の保険だったはずです。
将来もらえる金額が減ってしまうということは、別の方法で教育資金を確保しなければいけなくなってしまうということですから、これでは元の木阿弥です。
ですから、大切なことは家計全体を見直すことです。

毎月毎月支払いが大変だということは、どこかにたくさんお金を使っているということです。
しかしお金には限りがありますから、家族にとって一番大切なところから順番に使っていかなければいけません。

自分自身で家計の見直しを進めていくこともできますが、必要があればファイナンシャルプランナーに相談してみるのも良いでしょう。
家計のバランスを見てもらったり、学資保険を含む保険全体を見直してもらうことで、かかってくる支出がぐっと減ることが期待できます。

普段の生活にかかる費用というのは見てもらうとそのバランスがどうなっているかが分かるのですが、自分だけで見ているうちはなかなかそれに気がつかないということも多いものです。
もしも「学資保険を見直したいな」と思い始めたら、その時は家計を見直して良いバランスにする機会と考えてはどうでしょうか。

最近、インプラント治療の成功率も高いので、入れ歯を止め、インプラントにしようと考えていて、家計は火の車です。
子供のうちから歯のケアをするのは大事ですね。