貯蓄

学資保険の選び方内容比較

学資保険は大まかに分けると2種類に分類することができます。
それは貯蓄重視と保障重視の2種類です。
特徴が大きく2つに分かれるので、加入するときには一体何目的で学資保険を契約するのかをきちんと考えておかなければいけません。

ほとんどの場合、学資保険は教育資金作りのために加入するものです。
日本人は世界の中でも一番保険に費やすお金が多いと言われています。
備えあれば憂いなしと考える方がきっと多いのでしょう。
場合によっては万一に備え過ぎているというケースもあるのです。

学資保険は教育資金のための保険だとしたら、その保障はそこまで手厚くしておく必要はありませんよね。
特に親の死亡時などの保障が手厚いものなどはあまり必要性がないかもしれません。
子供の保障についても同様です。

もしも保障をしっかりとしておきたいという目的で保険に加入するのであれば良いのですが、学資保険の場合にはやっぱり貯蓄が第一!ということは、重視すべきは返戻率の高さです。
返戻率が高めの学資保険というと、アフラックやソニー生命があります。
どちらも保障は簡易なものになっており、ソニー生命は医療保障がついていません。

保険ときくと、それに加入する目的がどんなものであれ、保障が手厚い方が良いのではないか、と考えてしまいます。
ですから、各社とも保障の手厚さをアピールしたりしているわけですが、魅力的に聞こえる手厚い保障も返戻率を引き下げる原因の一つと考えると冷静に考えられそうです。
ただし、学資保険が失効してしまう場合もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

また、お金を受け取れる時期もとても大切です。
高校進学時に欲しいのか、大学進学時にまとめて欲しいのか、大学在学中に少しずつ欲しいのか。
また入学祝い金付きの学資保険もあります。
保険によってプランは様々なのですが、大切なことは必要な時に受け取れるということです。
ですから、契約前にはいつ受け取れるプランなのかということもチェックしておきましょう。

こうしたことを念頭に学資保険を選んでいけば、最適な保険に加入できるのではないでしょうか。