貯蓄

学資保険とは

学資保険とは子供の教育資金の貯蓄をしつつ万一に備えられる保険で、生命保険の一種です。
初めて学資保険を日本で売り出したのはかんぽ(郵便局)です。
その流れをくんでいるためか、今現在でもかんぽでは充実した学資保険を販売しており、しかも一番人気になっています。
しかし、最近ではその他の保険会社も様々な学資保険を販売し始めていますので、まずはそれぞれの保険の特徴を調べて比較検討していくことが必要になってきます。

そんな学資保険ですが、その最大の目的はなんといっても子供の教育資金を貯めることです。
月々決められた保険料の支払を続けていると、中学入学や高校進学・大学進学のタイミングに合わせてお祝い金という形で教育資金を受け取ることができるのです。
最近では大学卒業後に留学をするといった方も増えてきていますから、そうしたタイプのライフプランに対応して大学卒業のタイミングでお祝い金が受け取れるようなものも出てきています。
学資保険の選ぶポイントについてはこちらを参考にすると良いでしょう。

さらに、それと同時に万一にしっかりと備えられるということも大切なポイントです。
例えば子供がケガや病気で入院ということになったときに保障をしてくれます。
また、親が死亡した際にはその後の保険料の払い込みが不要になりますので、そうした場合にもきちんと教育資金の確保ができるという利点があります。
学資保険のメリットデメリットはこちらを参考にすると良いでしょう。

大体の学資保険はこういった内容になっていますが、保険によってはそれぞれにプラスαの特徴があるものもあります。
例えば冒頭でも紹介したかんぽの学資保険では、親の死亡時に育英年金を受け取れるというプランがあったり、ソニー生命のものであれば受け取り時期を選べるという特徴があります。
また、アフラックなどでは保障内容をシンプルにしている代わりに返戻率が100%を超えていたりもします。
たくさんの保険会社がそれぞれ特徴を打ち出した学資保険を販売していますから、それぞれの家庭の教育方針やその他とのバランスを見ながらベストなものを選ぶようにしましょう。 クレジットカード払いができる学資保険http://xn--ruqz4zs43b2di.biz/についての記事も参考にご覧ください。