貯蓄

学資保険の選び方

学資保険を上手に選ぶためには、まずは今現在どのような保険に加入しているのかを再検討してみる必要があります。
学資保険の検討をするのになぜ今加入しているその他の保険を見ていくのかというと、保障内容に重複しているところがあったり不足しているところが無いか家庭全体で見ていくためです。
こちらには貯蓄性を重視している学資保険について掲載されています。是非こちらも参考にご覧ください。

もしもお父さん名義で生命保険に加入しているようでしたら、学資保険をお父さん名義で契約するのはアンバランスかもしれません。
というのも、お父さんに万一のことがあった場合にはお父さんの生命保険から保険金が支払われるので、学資保険についている死亡保障と重複してしまうからです。
そんな場合には、学資保険はお母さん名義で契約しておくと良いかもしれませんね。

また、数々の保険会社があり、それぞれが特徴ある学資保険を販売しています。
ですから、学資保険を選ぶときは、できるだけ多くのものを比較検討することをおすすめします。

一番人気のかんぽ生命の学資保険は、親の死亡時の保障も充実していますが、もしかすると上記のように生命保険に加入していればそれは必要ないかもしれませんし、それよりも、返戻率の良いアフラックなどの方が魅力的
に感じるかもしれません。
また、教育資金を貯めるのはもちろんだけど、それ以上に万一の場合に備えたいといった場合には、医療保障の充実しているメットライフアリコが向いているかもしれません。
どちらにせよ大切なことは、現状を知ることと、学資保険にどのような役割を期待するのかということです。

また、加入のコツとしては、できるだけ早めにということがあげられます。
学資保険の月々の保険料は子供の年齢と契約者の年齢で決まってきますから、早いうちに加入した方が保険料が安く月々の支払の負担も軽くなってきます。
また、一般に男性よりも女性の方が保険料が安いので、お母さんが契約するということを考えるのは保険料を考える場合にも有効です。

そしてもし可能であれば、保険料の支払は年払いや前納をしてしまいましょう。
そうすることで更にお得になるので、返戻率がよりアップします。